スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話端末の割賦販売の延滞

携帯電話の端末の割賦販売は、延滞したら延滞記録が付く。
おおむね最初の1回の延滞だけは引き落とし不能で請求された入金して微までに入金すれば社内ブラックだけで済むが。
しかし、2度目からは一日遅れて延滞記号を付けられても文句は言えない。
半月程度の遅れなら延滞のA記号だけだが、60日以上または30日以上を2カ月以上の連続で延滞のブラック記録。

通話料金だけの延滞なら、たとえ電話を止められても強制解約されても、クレジットカードの信用情報には無関係で、
携帯電話の契約だけのブラック記録で済むんだけどな。

【関連記事】
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>元オペレーターが語るカードの延滞について
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」
>>任意整理体験談ブログ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。