スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラ金から自己破産を勧められる

6社・400万弱の借入で滞納生活4年目に突入

昨日、アイフルに定期連絡

私 「無職につき金ありません」
ア 「先の見通しが立たないようでしたら法的処理を考えられたらどうですか?」
私 「法的処理とは?」
ア 「自己破産等も視野に入れて下さい」
私 「自己破産する金があれば固定電話代払っとるわ」
ア 「・・・・・・・・・又、年末前に連絡下さい」

サラ金側から延滞している顧客に自己破産を勧めるとは驚きです。
アイフルとしたら、自己破産すれば裁判費用や督促等の経費も掛からなくなり、会計上も損金計上できるので自己破産を延滞している顧客に勧めるのでしょう。

【関連記事】
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>個人再生のススメ
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>携帯電話端末の割賦販売の延滞
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。