スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融社員 震災後連絡が取れない債権者のGPS確認をしようと

昨日、結構大きなケータイショップに行った。
そしたら、背広来た30代前半の兄ちゃんが、客として来てて、
「この電話番号の者が、我社の社員のスタッフなんですが、震災後行方不明で連絡不可能なんです。
GPS所在確認を本人承諾無しで出来るようにするとか、震災後に電話を使ったか、チェック出来ないですかね?」
って言ってた。

携帯ショップのスタッフが、奥に消えて、ちょっとしたら上司と戻ってきた。
その兄ちゃんに対して、
「アナタ、消費者金融の人ですね? 別の携帯会社にも同じ番号の問い合わせがあったと、
報告が出ています。
どこの携帯会社に行っても、顧客情報は調べられませんよ」
と!!!

そんな事するサラ金スタッフにも驚いたけど、ケータイ会社同士で横のつながりがあるのにも、ビックリだな。

【関連記事】
>>震災で支払いが出来ない場合でも信用情報に延滞付けられる?
>>イオンカードの支払いを延滞・滞納して20日目で自宅訪問
>>クレジットカード 支払延滞
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>元オペレーターが語るカードの延滞について
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。