スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝クレカの動産差し押さえ執行があった

今朝、動産の差し押さえの執行があった。
クレで、15万円程度の元金。
債務名義取られて、1ヶ月程度で来た。無職なのはクレも承知だろうけど、いきなり動産執行とはちょっとビックリ。
朝7時半にチャイムが鳴った。ドアを開けたら、身分証明書を提示した、裁判所の執行官が。
1人で、50代のおじさん。市役所の人みたいな雰囲気。

「クレサラの動産執行は、玄関口で言葉交わして終わる」と思ってたんだけど……
「最近、上からの指導で、『テレビのある部屋と、その家の最上階の部屋には入ること』って決められてるんで」
って言われて、ちょっとだけ家に上げた。

モノは何も見ず、「差し押さえに値する物は何も無い事を、7時34分に確認しました」と。
あとは、書類にサインとハンコ押して終わり。
パソコンあったけど、電源入ったままで画面出てたけど、何も言われなかった。

貴重な体験でした(笑)

【関連記事】
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>元オペレーターが語るカードの延滞について
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。