スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

延滞への対応はクレジットカード会社によって大きな差がある

延滞延滞って気にしてる人もいれば気にしていない人もいるようだが
こればっかりはカード会社の体質によって延滞の対応に大きく差がある。

DC・JCB・三井住友などのクレジット会社は延滞には鬼のように厳しく
2、3回の延滞でカード会員資格停止になることもしょっちゅうある。
最大の問題である延滞マークがつくかつかないか、これもカード会社の裁量次第で、決められた日にまで振込やハガキで支払いできればまったく延滞つかないことが多い。
それを過ぎると問答無用で5年間は消えない延滞マークがつく。

ジャックス、オリコ、OMCなどのクレジットカード会社も同じだけどカード会員資格停止になる可能性はJCBなどの1流どころに比べれば低い低い。

カードを申し込んだ時点で利用規約には返済日に1日でも遅れたら一括返済する、という規約に同意してカードを使わせてもらってるのだから、死に物狂いで引き落とし日前日までに口座に入れておく必要がある。
カード会社も会員の人間の信用性を重視するから1日遅れただけでもすぐ電話して
ピリピリ感ただよわせて「すぐ振込ますので口座番号教えてください!」と言えば
まだ温情が受けられることもあるし寛大な措置もあるうる。
延滞者には通知やら督促電話やら無駄な人件費も経費もかかるから切り捨てるのがカード会社の経営の手段。

【関連記事】
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>元オペレーターが語るカードの延滞について
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。