スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法業者・貸金業法適用業者・銀行法適用業者の延滞対応の違い

闇金だと今はびびりの若いもんも多いけど、たまに命知らずみたいなのがいるからよくないが、
たかがサラ金だったらいまどきただのワーキングプアだから、いいんじゃない?

ポイントは対応は闇などの違法業者、サラ金、カードなどの貸金業法適用業者、銀行などの銀行法適用業者によって態度は柔軟にするってこと。

闇金は外に出ないで即警察に通報が基本。

貸金業法適用業者は家の外で名前を連呼したり、いるんだろ?とか戸をたたいたりなどしたら警察呼べる。紳士的にいる分には別に戸をあけなくてもいいわけだよ。だから免許なんか本来は提示させる必要はない。稀に手だれがいて微妙な嫌がらせをする場合は免許などを提示してもらえばいい。

ただ、はっきり言って銀行のほうが法的規制がないのでたちが悪い。連呼OK、金返してくれと大声で言っても問題ない。
もちろんマナー違反ではあるが。

公庫になるともっとやばい。社会常識がない裁判官の感覚に近い人がたまにいるので捕まっちゃうレベルのことをいきなりやったりする。

【関連記事】
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>元オペレーターが語るカードの延滞について
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。