スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラ金の督促訪問された

昨日夕方6時過ぎ、家の前に車が来たなと思い、カーテン越しに覗いたら白いYシャツにスラックスの男性2名が降りてこちらを見ながら何やら話しをし始めました。数分後、インターホンが鳴りました。

サラ金の督促だ!直感しました。息を潜めるようにカーテン越しに伺っていると暫くしたのち、一方の男性が携帯から電話をし始めると、うちの電話が鳴り始めました。
やっぱりそうだ!直感しました。

やっぱり督促で訪問されました。一瞬、出ようと思いましたが、出ても返済するお金はないし頭ごなしに払え払えと責め立てられるだろうと思うと体が硬直して動く事が出来ませんでした。
うちはこれが初回ですが、サラ金ノイローゼという意味が初めて分かりました。
うちもこれからこんな督促訪問が続くと思うとぞっとします。

⇒その程度でビクビクしてるならさっさと払え

⇒まだ家賃滞納よりは気が楽だと思うけど

⇒前に訪問来た時、弟のふりして本人は行方不明だって言ってやったら、もう来なくなったよ

【関連記事】
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>携帯電話端末の割賦販売の延滞
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」
>>個人再生のススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。