差押禁止財産

強制執行(動産執行)は、一般家庭であればほとんど執行不能に終わる。
何故かというと、差押禁止財産というものがある。
民事執行法第131条に記載されていますが、
東京地方裁判所民事執行部が公表している差押えできないものの基準は以下です。

・整理タンス 
・洗濯機(乾燥機付きを含む) ※
・ペット
・洋タンス
・調理用具
・食器棚
・食卓セット
・冷蔵庫(容量を問わない) ※
・電子レンジ(オーブン付きを含む) ※
・瞬間湯沸し器 ※
・ラジオ ※
・テレビ(29インチ以下) ※
・掃除機 ※
・冷暖房器具(但し、エアコンを除く)
・エアコン ※
・ビテオデッキ ※
(※印の物が2点以上ある場合には一点に限る。)

【関連記事】
>>今朝クレカの動産差し押さえ執行があった
>>個人再生のススメ
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>携帯電話端末の割賦販売の延滞
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」