スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金滞納は話し合えばなんとかなる

逃げても無駄だと思ったので役所に行き話し合い。
数年前競売により手放した自宅の固定資産税、市税、他もろもろ金利入れて200万越え。
毎月35000円の支払いで手打ち。
仕事に使う車。給料も差押え無し。全て正直に話した。

日雇いで月の給料が30万越えの時には余分に払うと話しに言ったが
「月々分割払いきちんとしていただいてるので払わなくて構いません。
 美味しいものでも食べてください。」

払いはじめて2年先日役所に行くと「金利は免除の方向で。」
サラ金や銀行は万歳すれば逃げれるが税金はそうはいかん。
滞納してるお前らも話し合いにいけばなんとかなる。


サラ金や銀行の借金は最終的に自己破産すれば良いですが、税金は自己破産できる債権の対象外です。
警察より税務署の方が怖いと言われていますもんね。
税金を滞納している方は、逃げずに一刻も早く税務署や市役所に相談して下さい。
「税金を支払う」という意思を見せれば、いきなり差押え等はされません。
税金に関しては、連絡も取らずに滞納して逃げるという事が1番駄目です。

【関連記事】
>>今朝クレカの動産差し押さえ執行があった
>>個人再生のススメ
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>携帯電話端末の割賦販売の延滞
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。