スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全く相談にのってくれない日本学生支援機構

大学行く為に奨学金90万弱借り入れ。
卒業後、ブラック企業に入り、体調壊して休職。

返還猶予の手続きを長らくしなかった自分が悪いが、
現在病気の母と同居しながら何とか復職、面倒みている。
給料は以前の半分位になり収入源は俺の給料だけ。
生活環境は益々悪化。

しかし苦しい状況を何年相談しても全く相談にのってくれない。

奨学金は半分位は返済してたが長らく滞っていて、今延滞金付いて120万位になってる。

サラ金だよ、日本学生支援機構。

こんな状況、何とかならないのか、先日も相談の連絡したが
『対応出来ない。少しずつでも払って下さい』の一点張り。

どうすればいいの?
なにか提案出来ないの!?
って強くお願いするも『すみません』だけ。

何もしてくれない。
月に1万も捻出出来ないからとりあえず月に¥1000ずつ払っている。

払わないよりはマシかと思って。
返せる気がしない。

ここ、鬼だわ。

【関連記事】
>>延滞して家・職場へ訪問する業者一覧
>>個人再生のススメ
>>携帯電話端末の割賦販売の延滞
>>公共料金を延滞して止められるまでの時間
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。