スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオンカードの支払いを延滞・滞納して20日目で自宅訪問

イオンカードの支払いを延滞・滞納して20日目で自宅訪問されました。

・2ヶ月分の滞納金を値引きするから、払えといってきます。
・さらに次からの返済金額を下げるといってきます。
・電話がかかったら、支払う気があるなら、出て事情を説明する。
(数週間なら、支払い日を延ばしてもらうことも可能。1ヶ月以上延長は不明)
・次の電話の約束をしたら、必ず電話をする。
・冷静に話せば、怒られるとか説教はないので、真面目に話をしましょう。
・月々の支払い金額を下げる交渉可能かは不明。いつまでなら払える、一部なら払えるという交渉は可能。

【関連記事】
>>イオンカード延滞・自宅訪問
>>イオンカードの延滞「法的手段に」
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>元オペレーターが語るカードの延滞について
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。