スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード支払い延滞から給料差し押さえまでの流れ

・再引き落としの案内書到着
・電話による督促。この段階では女性で言葉も丁寧
・それでも払わないと担当部署が変わり、語調が荒い男性に変わる
・次回、期限の利益を失わせるための催告書を送るとの警告書送付
・督促状が来る
・催告書が来る
・電話催促は頻繁に自宅や会社へ、また一括返済の請求書を送付
・内容証明が来る
・地裁より督促申し立ての訴状到着
・居留守使っても、地裁の人が「只今から開錠しまーす」ということも
・裁判所から支払命令がきて公正証書、給料差押え

厳しい会社では問題になり、現金、財産を扱う部署から遠くに配置転換され、社内信用ドン底
そして、ある日人事部から突然の呼び出しがあることも・・・

【関連記事】
>>三井住友カード 延滞
>>どのくらい延滞すると信用情報に「A」が付くのか?
>>元オペレーターが語るカードの延滞について
>>延滞に厳しいカード会社と甘いカード会社
>>残高不足で延滞・再引き落としまで連絡しなくて良い?
>>カード会社で初期債権回収の担当者が語る「延滞」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。